ピアノの練習の最近のブログ記事

カスタネット

最近ルナちゃんがピアノの練習をしていると、弟(4才)が曲に合わせて
カスタネットを叩く。

もう曲完全に覚えているみたいで、叩くところも曲にバッチリ合っている。

ルナちゃんは真面目に練習しているけど、カスタネットが聞こえてくると吹き出している。
笑いながら
「もうやめて~!」

弟の良い情操教育にもなっているな。

緊張感に慣れる

この前の日曜日に義理の父母が遊びに来た。
ピアノを見てルナちゃんに、
「一曲弾いて!」

ルナちゃんはクリスマス会で弾く曲、リヒナー作曲「ジプシーの踊り」を弾いた。
途中までだけど、普段練習している通りに上手に弾けた。

本人かなり緊張していた模様。

普段何気に家族に聞かせている(と言うか聞こえてくる)のとは違って、
人前で弾く、聞いてもらっていると思って弾くのはとても緊張すること。

「上手に弾こう」と思って弾くと、いつも以上に緊張する。
こういう練習はどんどんした方が良い。
緊張にも慣れてきて、試験で弾く時にもあまり緊張しなくなるから。

フィギアスケートとかと同じで、ピアノの試験って一発勝負だからね。
練習でいくら上手く弾けてても、本番で失敗してしまうとそれまで。
いかに緊張しないで弾くか。


おじいちゃんおばあちゃんに聞いてもらって、良い練習になったのでは!?

夏休みはじっくり練習


夏休みに入ってから、ピアノの宿題の量が多い。
いつもの1.5倍ぐらい!
しかもなかなか合格させてくれない。
ツェルニーなんかいつも3,4曲持っている。

先生は、
「夏休みは時間があるだろうから、じっくり練習できる。
 ルナちゃんは、この夏休み、速さを重点的に練習したい。
 アレグロなら、ちゃんとアレグロの速さで弾けるように」
と言う。

何週も同じ曲を持っているだけあって、確かに曲の完成度は高い。
でもルナちゃんが練習するの嫌がるんだな。

毎日ピアノの前に座らせるのが大変!

レッスンも冬休み

この前のクリスマス会で今年のレッスンは最後だった。
1月の2週目からレッスンが始まるので、3週間ほど休み。
結構間が開くなぁ!

その分宿題も多めに出ている。
来週までにこの曲を仕上げていかないと!と思うと練習にも
力が入るけど、私も何かだらける・・・。
いちよう練習しない日が2日続かないようにはしているけど。

昨日練習させている時も、私は横に座って教えていたつもりが、
いつの間にか居眠りしてしまった。

友達のママさん達が、
「ルナちゃんピアノ上手だね~」
と褒めてくれているので、やっぱりちゃんと練習しないと。

今日は練習できなかったから、明日は2日分させよう。
って言うか、ルナちゃんは絶対自分から練習するって言わないなぁ!
だめだめ!

今日の練習は賢かった

昨日とおととい、出掛けていて練習できなかったので、
今日は絶対に練習させないといけない。

いつも月曜日は学校から帰ってきてから友達と遊ぶけど、
今日は約束しないように言っておいた。

かわいそうかな・・・とも思ったけど、さすがに3日も練習
しないのはダメ。

ルナちゃんも私と同じ様に思っていたのか、サッサと帰ってきて
文句も言わず練習した。
練習は30分ほどで終わった。
今日は賢かったから褒めてあげた!

いつもこうだとやりやすいのになぁ。

試験が終わってから少し休憩モード

学校から帰って来てからピアノの練習をさそうと思っていたけど、
ルナちゃんが友達の家に遊びに行く約束をして帰ってきた。

まだ送り迎えをしないといけないから面倒だし、ピアノの練習もできない。
どうしようかな・・・と思ったけど、遊びたいだろうし、友達の家に
送って行った。

グレードの試験が終わってから、ちょっとだれてるモード。
休憩もさせてあげないといけないから、それでも良いのだけど、
あさってはレッスンだし、明日こそは練習しないと。

幸い宿題も少なく、ハノンとバイエルだけなので、どちらもいちようレッスンに
は行ける状態には仕上がっている。
丸もらえるかは別として・・・。

来週からは宿題も普通の量になるだろうし、毎日サボらないで練習しないと。

今日から普通の練習

試験が終わり、ちょっと休憩もさせてあげないと・・・と思い、
昨日と一昨日は練習をしていない。

さすがに3日も弾いてないと指も動かなくなるので、今日は練習させた。

先生も今週は宿題を少なくしてくれている。
ハノンとバイエルだけ。

3ヶ月ほど同じ曲ばかり聴いていたから、ハノン、バイエルは新鮮に感じる。
試験の曲は、3才の弟も完璧に歌えるくらい。
笑ってしまう。

また今日からいつも通りの練習。
試験の結果は分からないけど、次に向けてこつこつ頑張ろう!

家では雑に弾く

今日ピアノのレッスンに行く前に、指慣らしの為、家で練習させた。
ルナちゃんはどの曲も速くササッと弾いてしまう。
指が速さについていけてないから、音も転げる、がたつく。

「もうちょっとテンポ落として弾いたら」
と言っても、
「この速さで弾ける!!」
と怒る。

こんな雑なの練習してることにならない。

先生の所に行ったら普通の態度で弾くけど、普段家で雑に弾いているので、
上手に弾けるわけがない。
先生も聴けばすぐ分かる。

一音一音よくよく考えて丁寧に弾くように言われた。
当たり前だけど、先生の前では、言うこと聞いて素直に弾く。
家でも私の注意を聞いてしっかり練習したら良くなるのに。
もうルナちゃんが怒るので、教えるのも腹が立つ!

先生に、家での様子を話した。
「もう(弾く事に)個性が出てきてるから、お母さんの言う事も聞きたく
なくなるかもね。お母さん弾けるだけに、これからやり辛くなるかも・・・」

と言われた。


試験まであと1ヶ月しかないのに、こんな練習の仕方ではいけない。
私もカッとせずに、腹が立っても一呼吸置いて冷静に教えないと・・・。

明日から私も気持ちを切り替えて練習させよう

次のレッスンの時に、試験に持って行く3曲を正式に決める。
申込書にも記入する。

先生はミュラーの「シチリアーナ」を3曲の中の1つにしたいらしい。
短調で曲の感じも良い。
いままで順調に練習してきたけど、最近、左の和音の下の音を少し早く
離してしまうので、単音に聞こえる箇所が増え、目立ってきた。

それを次のレッスンまでに直さないと、試験の3曲から外されてしまう。
左をたっぷり伸ばすようにアドバイスして練習させているが、そうすると
どうしても3拍目が重たくなり、3拍子に聞こえなくなる。

いかに3拍子を感じて和音をたっぷり伸ばして弾くか・・・。
これが7才のルナちゃんには難しい。

今週はシチリアーナ中心に練習しているが、直るかどうか!?
次のレッスン日まであと4日。
頑張ろう!

練習、2日も休んでしまった

昨日も今日も、友達と出かけていたので、ピアノの練習をしていない。
夏休みは色々と遊びの予定を入れてしまう。

じっくりピアノの練習ができると思っていたけど、夏休みのほうがかえって練習
する時間がないかも・・・。

ルナちゃんも、私に
「ピアノの練習しよう!」
と言われないのを いいことに自分からは全くピアノのこと言わない。


練習するのも嫌だろうけど、練習さす方も嫌な時がある。
真面目にサッと練習してくれたらいいけど、大概ダラダラとするので。
早く自分でするようになって欲しい。

私も弾けるだけに、ルナちゃんがどんなに上手になっていても、横から口出し
してそうな気はするけど・・・。

9級の試験もあるし、明日こそは練習しよう