ピアノが好きの最近のブログ記事

クリスマス会の親子連弾

クリスマス会で弾く親子連弾の曲をもらった。
今年は「サンタが街にやってくる」。

この他にルナちゃんが1人で弾く曲もあるし、グレードの試験に向けての練習もあるので、
少し早めに曲を渡してくれみたい。

毎週少しずつ練習していく。
いわば息抜きみたいな曲。

でもこの時期からクリスマスの曲を弾くのは近所的にもちょっと恥ずかしいなぁ。
なんて気の早い・・・。


でも親子二人で合わせて弾いていると、結構楽しい(まだちゃんと曲にはなってないが)。

「面白いからもう一回合わそう!」
とルナちゃん。

やっぱりピアノっていいな!!

弟が覚えているよ!

ルナちゃんがピアノの練習をしていると、3才の弟も歌い出す。
毎日聞いているので、曲を覚えているみたい。

最初から最後まで、ぴったり合っていて関心する。
「よく覚えてるね~!」
それが曲集じゃなくて、バイエルとかツェルニーの練習曲
だったりするので笑える。

ピアノにも興味があるみたいで、ルナちゃんが弾き終わった後
弾きたがる。
なかなか良い情操教育になるなぁ!

そのうち僕も習いたいって言い出すかも・・・。

ピアノを弾いていたらルナちゃんも楽しいし、弟にも良いしで
良いことずくめ!?

これからも色んな曲弾いて、弟にも聴かせてあげて。

音楽を豊かに・・・

毎年ピアノのクリスマス会で、ルナちゃんは私との親子連弾と
ハンドベルもする。

だいたいピアノは1人で弾くものだけど、連弾したりハンドベルも
することによって、音楽が豊かになる と先生は言う。

私が先生に習っていた頃も、発表会で連弾したりエレクトーンやバイオリンと
アンサンブルしたりしていた。
全員で歌を歌った記憶もある。

1人で純クラッシックを弾くのはかなり緊張するし、
相当練習もしなければならない。
連弾やハンドベルもそれなりに練習はするけど、やっぱり楽しくできる。

今日もハンドベルの練習があり、みんなで集まっていたけど、
ルナちゃんも楽しそう。
確かに音楽を豊かにしている感じ。

グレードの試験前は、練習練習でちょとしんどかったけど、
こういう楽しいこともあると、やっぱりピアノって、音楽って
楽しいと思えるはず。

色んな形で音楽を吸収して、豊かになってほしい。

学校の音楽の宿題なんて簡単

ルナちゃんの学校の夏休みの宿題で、鍵盤ハーモニカの練習がある。
先生指定の3曲を鍵盤ハーモニカで弾けるように練習していかなければ
ならない。

ピアノを習っているルナちゃんには、とても簡単なこと。
今日、家で弾いてもらった。
初見演奏で弾ける。音もリズム間違いない。

ただ、鍵盤ハーモニカなので、所々息継ぎをしないと弾けない。
息継ぎをする場所が悪く、フレーズの途中で切れたりしていたので、
それだけ注意した。
楽譜に息継ぎする場所をチェックしてあげると、上手に弾けた。
これで完璧!!


やっぱりピアノを習っていると、音楽の成績は良い。
ピアノのレッスン中に音楽用語や音楽理論が出てきて自然と覚えるので、
中学校の音楽のテストでもかなり有利。

そういう意味でもピアノを続けていると良いと思う。

合格済みの曲でストレス解消

最近ルナちゃんはピアノの練習が終わった後に、前のテキストを引っ張り出してきて好きな曲を弾いている。
合格済みの曲でも、今はもう弾けなくなっているのもある。
ちょこちょこ弾いていないと忘れるので。

色んな曲を好きなように弾いて遊んでいる。
もうそろそろ止めてほしいけどなぁ・・・。近所にもうるさいし。
でも私もピアノを習っていた頃は、練習の後に過去に合格した曲の楽譜を出してきて弾いたりしていた。
それが楽しいし、ストレス解消になっていた。
だからルナちゃんの気持ちは分かる。

開けていた窓を閉めて、ちょっとでも近所にうるさくないようにする。
そのうち2才の弟まで参加して、一緒にじゃんじゃん弾きだした。
そうなったらもう終わり。いくらなんでも近所迷惑。

時間がある時はそうやって遊んだらいいよ。
ピアノって楽しいもんね!

音楽の授業も楽しい

ピアノを習っていると、ルナちゃんは学校でも音楽の授業は楽しいようだ。
教科書の楽譜なんて楽々読めるし、鍵盤ハーモニカの演奏の難しい方のパートもできる。
音楽会では、歌のピアノ伴奏に立候補した。
じゃんけんで負けてできなかったけど。

クラスのお楽しみ会で、みんな好きな出し物をする。
ルナちゃんは教室にある電子ピアノで1曲弾いたらしい。
お楽しみ会当日、急きょ演奏すると決まったので、その時覚えていた簡単な曲を弾いた。
前もって演奏すると分かっていたら、ルナちゃんの最高レベルの曲を家で練習していけだけど。

ピアノっていいよね。音楽の基本。
今後違う楽器をするにしても、基本はピアノなので。

例えばピアノ→エレクトーンに変更できるけど、エレクトーン→ピアノはできない。
バイオリン、フルートなどでも、やっぱりピアノができないと。

これから更に楽譜も早く読めるようになる。本の文字を読むように楽譜が早く読めるようになる。
もっと楽しくなってくるからね!

親子2代で

ルナちゃんがピアノを習い始めて2年ちょっと。
私も幼稚園の時から結婚するまでの約20年間、ピアノを習っていた。
途中、ピアノの先生に、音大受験やヤマハのグレードの試験など勧められたが受験せず、趣味として続けていた。
色々な曲が弾けてとても楽しい。
今でも時間がある時にピアノを弾くと、楽しくて弾くのが止まらないくらい。

その楽しさをルナちゃんにも教えてあげたくて、ピアノを習わせた。
私が習っていた先生のところに通わせている。
親子2代でお世話になっている。
ルナちゃんは、練習それほど嫌でもないみたい。
遊びたくて練習するのが面倒臭そうな時はあるけど。

私がピアノの事分かるだけに、ルナちゃんが練習してたら横から口出ししてしまう。
それで親子ケンカになったり。
でも良く練習してる。
きっとルナちゃんもピアノ好きだと思う。

嫌がらずに練習

ルナちゃんは今、ヘ長調の音階を習っている。
音階弾く時の指替えがしにくいらしく、音の粒が揃わずガタつく。。
特に右。

今日は時間的にも私の気持ち的にも少し余裕があったので、速度を落として片手づつ何回も練習させた。
黒鍵を弾く時に指が伸びてるのが原因のようだったので、そこを直した。
注意したらすぐ弾けるようになった。
明日また弾けるかは分からないけど、また練習を繰り返しするのみ。

嫌がらずによく練習する。
やっぱりルナちゃんもピアノ好きなんやろな。