2010年9月アーカイブ

間に合わないかも・・・

今日のレッスンでも、試験に向けた練習をした。

曲3曲が、なかなか完璧な状態に持っていけない。
家でも毎日練習しているけど、ルナちゃんは私の言うことを全く聞かない。

まずい箇所を注意してもうるさがるし、挙げ句の果てに、
「うるさい!分かってる!!」
と怒られる。

こんなので上手になるわけがない。
先生のところでは真面目にやっているが、週1回真面目に弾いているだけでは
上達しない。

試験まであと10日。
先生も曲が出来上がってない事に焦っているのか、5日後にまたレッスンに来る
ように言われた。


ピアノの帰り道、ルナちゃんによく言い聞かせた。

試験まで日がない。
明日から、お母さんの言うことうるさがらずに真面目に練習しないと本当に
間に合わない、と。

去年、10級の試験を受けた時は、オールAの好成績で合格してるだけに、
今回も1発合格してほしい。
本人も、もし不合格で、またしばらく試験の為の練習をするとなると
イヤだと思う。

ラストスパート。後悔しないように真剣に練習していこう!

「ピアノ好き?」

昨日のレッスンでは、試験に持って行く3曲は全部良くなってきていると言われた。
ただ、弾けるようになると段々慣れっこになって、雑な弾き方をしてしまいがち
なので、1回1回丁寧に弾く。

先生が良く言うこと・・・
「家では自分の耳が先生よ」。
自分で弾いた音、曲がそれで良いか、上手に弾けているか自分の耳でしっかり
聞くということ。

1回弾いて、
「今の上手に弾けた!」
と思えるのが増えるように。

「上手に弾けた」と毎回思えるようにならないとけない。
試験では試験官に1回しか聞いてもらえないので。

今日もガチガチで弾いていたので、先生に
「ルナちゃんピアノ好き?」
と聞かれた。

こんな上手に弾ける子あまりいないよ。
自信持って、
「私は上手!と思って弾いていいからね!!」
と言われた。


これから試験まではしんどい練習になるけど、頑張るしかない!!

指が滑る・・・

カバレフスキーの「子熊をからかう子ウサギ」を弾く時、指が滑って弾きにくい
と言う。
16分音符で黒鍵を弾いたりするので、余計に滑るのだと思う。

今日のレッスンで先生に話してみた。

ルナちゃんは、弾いていると指先がサラサラになるタイプみたいで、黒鍵を弾くと
滑って弾きにくい。
「本当は弾けるのに、滑るから弾けない」という箇所がある。
濡らして固く絞ったハンカチを指先に当てて、指を湿らせてから弾くと良い。
試験の時もハンカチを持って行った方が良い。

と言われた。
逆に油っぽい指の人は、乾いたハンカチで指をよく拭いてから弾くみたい。
発表会や演奏会などで、前の人が弾き終わるとタオルで鍵盤を拭いている場面を
見るが、これは前の人の油を拭き取っているらしい。
今まで知らなかった。

これで1つ問題解決!
明日から手をハンカチで湿らせてから弾こう!


家では雑に弾く

今日ピアノのレッスンに行く前に、指慣らしの為、家で練習させた。
ルナちゃんはどの曲も速くササッと弾いてしまう。
指が速さについていけてないから、音も転げる、がたつく。

「もうちょっとテンポ落として弾いたら」
と言っても、
「この速さで弾ける!!」
と怒る。

こんな雑なの練習してることにならない。

先生の所に行ったら普通の態度で弾くけど、普段家で雑に弾いているので、
上手に弾けるわけがない。
先生も聴けばすぐ分かる。

一音一音よくよく考えて丁寧に弾くように言われた。
当たり前だけど、先生の前では、言うこと聞いて素直に弾く。
家でも私の注意を聞いてしっかり練習したら良くなるのに。
もうルナちゃんが怒るので、教えるのも腹が立つ!

先生に、家での様子を話した。
「もう(弾く事に)個性が出てきてるから、お母さんの言う事も聞きたく
なくなるかもね。お母さん弾けるだけに、これからやり辛くなるかも・・・」

と言われた。


試験まであと1ヶ月しかないのに、こんな練習の仕方ではいけない。
私もカッとせずに、腹が立っても一呼吸置いて冷静に教えないと・・・。

明日から私も気持ちを切り替えて練習させよう

一音一音大切に・・・

試験の曲も決まり、より上手に弾けるように練習中。
今日のレッスンでも、1曲ずつ先生から細かく教えてもらった。

3曲とも上手に弾けているけど、長い期間練習していると、最初の頃に注意して
弾いていた事を忘れつつある。
1音1音大切に。最初の頃の注意を忘れない。

ここはどういう風に弾こうかなぁとか、色々頭で考えながら弾かなければならない。
試験では1発勝負。1回しか聴いてくれない。

『今の箇所がちょっとなぁ・・・』と出来るだけ思われないように、ほぼ完璧の
状態で弾けるように。


あと、今日のレッスンでは、初見がうまくできなかった。
家でも、簡単な曲(家にある簡単な楽譜)でいいので、4小節ずつ、本番と同じ
ように弾かすように先生に言われた。

試験までの1ヶ月間、ちょっと緊張状態が続く。
まだまだ先だと思っていたけど、身近に感じてきた。

正式に3曲決まった!

試験に持って行く曲を決める為に、今日は特別にレッスンをしてもらった。
ミュラー作曲「シチリアーナ」
テュルク作曲「ロンド」
ロルゼス作曲「おどりのレッスン」
カバレフスキー作曲「子熊をからかう子うさぎ」

この4曲を順番に弾いた。
どれもかなり良く弾けるようになってきた。
シチリアーナは、先生も選びたいけど、左手の変なクセが出てきたので、
それが直るか不安で、先週は選ぶに選べないような感じだった。

なので、何とか直して行かなければと思い、私もここ数日はピアノの横に
付きっきりで、左手の弾き方を細かく教えた。

ルナちゃんは、家では私の注意を面倒くさそうに聞いて、あまりちゃんと弾いて
くれないけど、今日のレッスンでは、どの曲もまあ!上手に弾いた!!

『こんな風に弾けるの!?家でもちゃんと弾いてね』

シチリアーナの左手のクセも直り、褒められた。
普段から横に付いてしっかり教えないといけないな・・・。
私もサボってられない・・・。


結局、
ミュラー作曲「シチリアーナ」
テュルク作曲「ロンド」
カバレフスキー作曲「子熊をからかう子うさぎ」
この3曲に正式に決まった。

上手に弾けるようになったと言えども、まだまだ直すべきところはあるし、
更に磨きをかけて、1ヶ月後には完璧の状態にしなければならない。

これからは、この3曲+聴奏、伴奏付け、初見演奏を一生懸命練習していこう!

4曲とも良い!

今日はレッスンの日。
試験の曲3曲を決める。

ミュラー作曲「シチリアーナ」
テュルク作曲「ロンド」
ロルゼス作曲「おどりのレッスン」
カバレフスキー作曲「子熊をからかう子うさぎ」

この中からどれにするか・・・?
シチリアーナは先週注意された事もほとんど直り、良くなってきた。
あとの3曲もかなり良くなってきた。

どの曲も仕上がりが良くなってきて、先生はどれを選ぶか悩んでいる。
「上手に弾ける」という点だけでなく、曲調、作曲者の年代など重ならないように
選んだ方が良いらしい。
あと、ルナちゃんの好きな曲も持っていかせてあげたい。

かなり迷っている様子。

もう、1ヶ月後に試験の日が迫ってきているので、決めないといけない。
とにかくこの4曲を引き続き練習して、特別に4日後にもう1度レッスンに行き、
その時の曲の仕上がりで決めることにした。

聴奏,伴奏付けも今日はよくできていた。
曲も楽しそうに弾けるようになってきたと。
あとは曲。
さぁどの曲に決まるか・・・。