2010年7月アーカイブ

自分が練習ていた頃を思い出した

ルナちゃんは今バイエルの98番を練習している。
私も子供の頃、バイエルは弾いていたから、どの曲も何となく覚えている。

だからルナちゃんが弾いているのを聞くと、懐かしく思う。
私の母も、私がバイエルを弾いていたのをよく覚えているみたいで、先日も
「この曲練習してたの思い出すわ」
と言っていた。


今から思うと、バイエルも結構良い曲があるなぁ!

この98番なんかは好き。
ルナちゃんが練習し終わった後に、私も弾いてみた。
自分が練習していた頃を思い出した。

家のどこにピアノがあって、どんな感じで毎日練習していたかとか、
蘇ってくる。


やっぱり音楽っていいなぁ!
昔弾いたり聞いていた曲を久しぶりに聞くと、当時の事を思い出せる。

ルナちゃんも大人になったら同じように思うかな・・・。

試験に持って行く曲が決まってきた


今日のレッスンでは、耳(聴奏)がとても良かった。
全部聞き取れた。

最近、右がメロディー、左が伴奏の時、左が右に釣られないようになってきた。
右にアクセントがつくと、左も一緒に大きくしてしまったり、右のメロディーに
つられて左がガタガタしたりということがなくなってきた、と先生に褒められた。

試験に持っていく曲も、ほぼ決まった。
①ミュラー作曲「シチリアーナ」
②ロルゼス作曲「おどりのレッスン」
③テュルク作曲「ロンド」

まだ本決まりではないけど、いちようこの3つに絞った。
全部、調も拍子も曲の感じも違うので、良いとのこと。
何より、曲が良い感じに出来てきているから。

あと、今週からもう1曲新しいのが増える。
カバレフスキー作曲「小熊をからかう子うさぎ」。
現代の作曲家も入れた方が良いかもしれないので、と。

この4曲の中から最終的に3曲を決める形になる。
今まで6曲練習していたのが4曲に減るので、ちょっと楽になるかも。

でもこの新しくもらったカバレフスキーのは、1小節ずつ拍子が変わっているし、
16分音符がいっぱい出てくるので、ある程度弾けるようになるまで大変だと思う。
グズグズ言いながら練習しているルナちゃんが想像できる。

あとハノンとバイエルもあるので、しないといけないことがいっぱい!!
今週も頑張ろう!

夏休みに入ったことだし、毎日の練習もきっちりやっていこうと思っている。

和音の聴奏も完璧にできるようにしたい。
私が弾いた和音を聞き取らせたり、どんな順番でもササッと弾けるように
何回も弾かせたり・・・。

だいたいいつも和音から先に練習しているけど、十分に練習していると、
これだけで15~20分かかってしまう。

ルナちゃんも言われた通りすぐに弾いてくれたらいいけど、途中で、
「背中がかゆいからかいて!」とか、余計なことがいっぱい入るので、時間がかかる。

それからハノン、バイエルと練習して、最後に曲集。
今、ハノン、バイエル以外に曲を5曲持っている。
これを1つ1つ、気になることを全部注意して教えて弾かせていると、かなり時間がかかる。

時間がかかるとルナちゃんも集中力がなくなり、出来ることも出来なくなる。
もうそうなったら嫌々状態。またまた時間がかかる。

集中力が途切れないうちに終わらそうとすると、私も言いたいことが全部言えない。
よくルナちゃんに、
「本当はまだアカンけど、もういいよ、次の曲弾いて」
と言っている。

結局夏休みで時間があっても十分納得がいく練習なんてできない。
練習を朝と昼から2回に分けてするという手もあるけど、子供3人いて都合もあるので、
なかなかできない。

先生、早く曲を3曲に絞ってくれないかなぁ・・・。
色々弾かせて一番良い物を試験に持って行こうとしてくれてるのだけど・・・。
まら暫く大変な状況は続きそう・・・。

第Ⅱ展開形、分かるようになってきた!

今日のレッスンでの和音の聴奏は、まずまずだった。
第Ⅱ展開形が聞き取れるようになった。

展開形でない基本の和音の時、今日はⅠの後Ⅴだったのだけど、
どうしてもⅣに行きかける。
柔軟に、どの順番でもすいすい動けるように、もっと訓練しないといけない。

曲は、ミュラー作曲「シチリアーナ」が、先週先生に注意されたことを
きっちり直せてとても良かった。

この調子であと2ヶ月弾き込むと、とても良い物が出来上がると思う。
これを試験に持って行く3曲の中の1つにしたい」
と先生に言われた。

この曲はルナちゃんも好きみたい。私も良い曲だと思う。
やっぱり好きな曲は上達する。

あと、また新しい曲が1曲増える。
明日先生が楽譜をコピーして持ってきてくれる。
どんな曲か知らないけど、また音読み大変だなぁ・・・。

ルナちゃんも嫌だとうけど、教える私もちょっと嫌かも。
もうすぐ夏休みに入るし、じっくり練習する時間もできるかな??

思うように練習が進められない


最近、毎週のように新しい曲をもらっては練習して行き、どの曲を
試験に持って行くか考えている。

曲もちょっと難しいので、ルナちゃんは音読みを嫌がる。
せっかく楽譜を読んで、ある程度弾けるようになった!と思ったら、
また次に新しい曲がくる・・・。

毎週その繰り返しなので、練習するのを嫌がる。
なんとか毎日ピアノの前に座らせているけど、機嫌が悪い。
音が間違っているから注意してもうるさがる。
時間がかかるから余計に嫌になる。
なかなか思うように練習が進められない。

前回のレッスンの時に、先生に家での様子を話した。
グレードの試験を受けると、その試験の為にたくさん勉強・練習
しないといけないので、やっぱり嫌になる子がいる。

先生としては、グレードの級を持っている方が絶対良い、持っているに
越したことはないけど、ピアノを好きでいてほしいので、その辺が難しい・・・
という考えみたい。

私が小さい時は先生に勧められたけど、受けなかった。
今になって、受けておけば良かったとすごく後悔している。
だからルナちゃんには受けさせようと思って、先生にお願いした。

今、新しい曲の音読みばかりで、嫌々モードになっているけど、曲が決まれば、
そんなこともなくなると、私は思っている。

先生も、
「ルナちゃんが好きな曲を試験に持って行きたい。好きな曲だと弾いていて楽しいし、
 上達もする。試験にわざわざ苦手な物を持って行く必要はないので。」
と言っていた。

試験に向けて、曲を練習する!極める!のは楽しいことだけどな・・・。
とにかく曲が決まるまでの辛抱!
毎日の練習を、いかに短時間で集中させて練習させるか、私も上手に
持っていかなければならない。

和音はどの順番でも弾けるように

いつもレッスンで、聴奏の模擬試験みたいなのをやっている。
毎日家でも和音をたくさん弾いているので、第Ⅱ展開形でも、
Ⅰ→Ⅳ→Ⅴ→Ⅴ7→Ⅰの順番だとササッと指が動き、弾けるように
なった。

先生に、覚えるの早かったね!と褒められた。

でも試験ではこの順番で出てくるとは限らないので、どの順番でも
弾けるようにならないといけない。
その為に、家では自分で口に出してから弾く。
「へ長調のⅠ→Ⅴ→Ⅳ→Ⅰ」というふうに。

ルナちゃんは和音の練習が嫌いなので、いつも嫌々やっているけど、
完全に覚えたら、どうってことないので、毎日弾き続けるしかない。


曲の方は、ミュラー作曲「シチリアーナ」が良い感じに弾けてきたので、
この調子で弾いていく。

今日バイエル95番がとても上手に弾けて合格したので、先週新しく
もらったテュルク作曲「ロンド」も上手に弾けるはず。
この95番をきっちり弾けたから、これからどの曲を弾いても大丈夫
みたいなことを言われた。

今週は新しい曲をもらってないので、練習も少しは楽かな・・・。
第Ⅱ展開形を中心に練習していこう!

第Ⅱ展開形・・・難しい。

今日もレッスンで聴奏の練習を頑張った。
和音の第Ⅱ展開形が出てくると、ルナちゃんは聞き取れない。
左のベースの音を間違えることはないけど、右が第Ⅱだと難しいみたい。

単音の聞き取りも完璧にできるし、今回の試験は、ルナちゃんにとって和音が
ちょっと危ないというか、キーポイントになりそう・・・。

家では、ルナちゃんを後ろ向きに立たせて私が第Ⅱ展開形の和音を弾くので、
聞き取らせる、というのをしてみよう。
先生も、
「子供は覚えるのが早いので、弾いているとすぐ覚える」と言っていた。
来週までじっくり和音を弾いてみよう。

曲も引き続き選考中。
試験に3曲持って行くけど、作者、何調か、何拍子か、作者の年代など
重ならないように3曲選ばないといけないらしい。

なおかつ得意な曲。上手に弾ける曲。

だから最近は毎週新しい曲をもらって練習して、試験に持って行けそうな曲、
そうでない曲を選別している感じ。

ルナちゃんが一番しんどいね。
最近練習するのイヤがるし・・・。
試験はまだまだ先と思っていたけど、ちょっと身近に感じてきたなあ。