2010年6月アーカイブ

9級の試験に向けて、ハ長調、ヘ長調、ト長調の第Ⅰ、第Ⅱ展開形を練習している。
過去の問題を見ると第Ⅱ展開形が出たのはこの3つの調だけだが、もしかすると、
これ以外も出題されるかもしれないので、イ短調とニ短調も展開形を練習する
ことになった。

試験を受ける9月まで3ヶ月ほどあるし、その間に弾いて耳で覚える。時間的に
も十分できると思う。

今日の家での練習では、まず五線紙にイ短調とニ短調の展開形を書かすところか
ら始めた。
ピアノを弾いて確認しながらなので、時間がかかる。高い音になってくるので、
ルナちゃんも書くのが難しくイヤになってくる。
書き終わった時点でもう疲れていた。

それからハノン、バイエル、曲の練習。
曲も、新しくもらったミュラー作曲「シチリアーナ」がルナちゃんにとっては難しく、
音読みするのが大変で、嫌々モードになっていた。

私もイライラするけど抑えていた。
今週はいつもよりも増して大変かも・・・。

とりあえず明日からは、今日自分で書いた展開形の楽譜を見て何回も弾き、覚える。
曲も、明日は今日より弾ける、今日苦労した音読みも、日に日に楽に弾けるように
なってくるので、頑張るしかない!

今日の聴奏はバッチリ!

今日のレッスンでは、和音の聴奏がよくできた。
今週家では、普通のⅠ、Ⅳ、Ⅴ、Ⅴ7、Ⅰを弾いた後、第Ⅰ展開形、第Ⅱ展開形
を弾いて覚えさせた。
明日からもこの練習方法でいこうと思う。

試験は9月に受ける予定なので、今はどの曲を持って行くか選考中。
今すぐ決めるのではなく、色々なタイプの曲を弾いて、どれが良さそうか見てい
る段階。

毎週1つずつ新しい曲をもらって練習しているような感じ。
「どの曲もそれぞれレベルアップさせながら、新しい曲も練習していく」という、
一番しんどい状態。

今日新しくもらった曲は、ミュラー作曲「シチリアーナ」という曲。
これでハノン、バイエル以外に4曲持っていることになる。
かなり大変だけど、試験まであと3ヶ月ほど。
頑張ろう!

また習いたい!!

友達は、自分の子供2人(3年生と1年生)にピアノを習わせている。
友達自身は、子供の時ピアノを少し習っていたが、ソナチネぐらいでやめたらしい。

下の子供が1年生になり、自分の自由時間ができたこともあり、その友達も最近
子供と同じピアノ教室でピアノを習い始めたらしい。

自分の弾きたい曲を教えてもらっているみたいで、1ヶ月に2回くらい行っている。
今はモーツァルトのソナタK.No.310を習っている。
ソナチネまでしか弾けない友達には、モーツァルトのソナタは難しい。
練習を頑張っているみたい。

その話を聞いて、私はとても羨ましかった。
私も子育てが落ち着いたらまた習いたいとずっと思っていた。
ラッキーな事に、私は実家の近くに住んでいて、子供のころに習っていた先生も
近所にいる。

ルナちゃんも私が習っていた先生に教わっている。
私もまた習うなら、当然この先生に習いたい。

昨日、時間が少しあったので、友達が習っているというモーツァルトのソナタ
K.NO.310がどんな曲だったか楽譜を出して弾いてみた。
もう楽しくて弾くのが止まらない。

また習いたいなぁ~。弾きたいなぁ~。
習わなくても自分で弾けるけど、毎日練習する時間がない。
一番下の子がまだ3才だし、せめて幼稚園に行くようになれば時間ができる
のだけど・・・。
それまでは時間がある時に弾いて、指を時々動かしておこう!

和音の聴奏、頑張ろう!

今日のピアノのレッスンでも、試験に向けての和音の聴奏を重点的に
やった。

ルナちゃんはやっぱり第二展開形が聞き取りにくい。
毎日何回も弾いていると、自然と分かるようになってくると思う。

あと、単音の聴奏は4小節ずつすると聞いていたけど、それは先生の勘違いで、
実際は2小節ずつだそうだ。8級の試験から4小節ずつになるみたい。
2小節だと、ルナちゃんはほぼ完璧にできるので心配はない。

伴奏付け。今日、短調の時の新しい伴奏付けを教えてもらった。
和音でズン チャン ズン チャン弾くのではなく、短調らしく聞こえる伴奏。
それも家で練習していく。

試験に持って行く曲3曲も、ぼちぼち決めないといけない。
先生がどれが良いか考えてくれている。
とりあえず、前に弾いたことがあるモーツァルトの「ヘ長調のメヌエット」を
もう一度練習してくるように言われた。

この曲にするか分からないけど、これくらいのレベルの曲を持っていくと
いいらしい。


試験に向けて今家でできることは、和音を何回も弾いて耳で覚える事かなぁ。
今週も盛りだくさんで大変だけど、頑張ろう!

ピアノ教室選びも難しい

長男の友達ユウスケ君(9才)は、幼稚園の時からピアノを習っている。
男の子だけどピアノが大好きで、よく練習もするみたい。

ユウスケ君は、うちの近所の個人のピアノ教室に通っている。
そのピアノ教室の先生は、試験を受けさすのが好きなのか何なのか、しょっちゅう
生徒にコンクールを受けさせている。

生徒がイヤと言わない限り、ベルトコンベアに乗せられたように時期がくれば自
動で受けさせられる感じ。

まず近くの会場で受験して、受かれば隣の県の会場、また合格すれば更に遠い
会場まで行かなければならない。
合格する度に受験料数千円がかかる。

受験者の約半数は合格できるみたいで、明らかに金策だと思う。
ユウスケ君のお母さんが、
「またコンクールで○○まで行かないといけない」とよく嘆いている。

私もその言葉をしょっちゅう聞いていて、いったい一年に何回受験してるの??
と思っている。


将来、音大に行きたいとか、ピアニストになって・・・とか夢があるのなら、
こんなコンクールづくしでも為になると思うけど、単にピアノが好きで、趣味で
習っている子にはたまらないと思う。
まぁ断れば良い話だけど・・・。


ルナちゃんにも、一度はコンクールを受けさせたいなぁと思うけど、ヤマハの
グレードの試験でいっぱいいっぱいかな・・・。
毎年一級ずつ受けてるので、余分な事をしている時間もないし、本人に負担になっ
てもいけないし。


それにしても色んなピアノの先生がいるものだ・・・。
どの先生が自分の子と合うか、よく下調べして決めないといけない。

聴奏の練習

秋ぐらいに9指導グレード9級の試験を受ける予定なので、最近のレッスンは、
曲を弾くだけでなく、和音の聴奏や単音の聴奏にも重点を置いている。

ルナちゃんは、今日のレッスンでも和音の第2展開形が聞き取りにくく、
つまずいていた。
家でも何回も弾いて耳で覚えるように、自分で
「ヘ調の第2展開形、Ⅰ→Ⅳ→Ⅴ7→Ⅰ」というふうに、声に出して弾くように
言われた。

単音の聞き取りも苦手のようだ。
これは、先生がメロディーを4小節まとめて弾くので、それをそっくりそのまま
1音も間違わずに弾く試験。

2小節くらいならルナちゃんは出来るけど、4小節になると、最初の辺りを忘れてしまい、
自分で作曲してしまう。
本番の試験では、8小節まとめて出た時もあるみたい。

う~ん これはどうしたらいいんだろう・・・。
家で、私が適当に4小節分弾いて、それと同じのを弾かす練習をするしか
ないかなぁ。


「曲を弾く」以外の練習が増えてきて、ますます大変だけど、秋まで頑張るしかない。
まだまだ日がありそうでないから、毎日頑張らなければ。
1回で合格させてあげたいし。

母的に疲れがドッときた日

火曜日は、ルナちゃんは6時間授業。
帰ってくるのが遅いし、私も夕方バタバタする日なので、ピアノの練習が
できないときがある。

今週は持っている曲が多く、ちょっと頑張らないといけない週なので、今日は
忙しくても、絶対練習させなければ、と思っていた。

学校から帰ってきて、おやつを食べてちょっと休憩してから練習を始めた。
ルナちゃんは文句言わず、素直にピアノの前に座ったので良かった。
今週は大変なのが分かっているのかな!?

練習を始めて少しすると、2才上のお兄ちゃんが帰ってきた。
私はお兄ちゃんのサッカーの練習も見ないといけないので、忙しい。

この時点で5時。6時過ぎから夕食を食べるので、お兄ちゃんのサッカーの練習
とピアノと同時進行でした。

ルナちゃんのピアノを聞きながら、チラチラ庭のお兄ちゃんの様子を見に行く。
どちらも中途半端になってはいけないので、大変。
弟(2才)は横でグズグズ言い出すし、もうめちゃくちゃ。

ピアノの方が早く終わったので、後は弟を抱っこしながらサッカーの方に集中。
ピアノもきっちり見たつもり。新しい曲も両手合わすところまで行けたし。

疲れがドッときた。


どのお母さんも、毎日ピアノの横に付きっきりなのかなぁ・・・?
私にあまりにも時間が無い時は、ルナちゃんは1人で練習してることもあるけど、
それはどの曲もある程度弾けるようになっていて、後は弾き込むのみ、という状
態の時だけ。

音読み段階で、1人で練習さすことはまずない。
早く自分でできるようにならないかなぁ・・・。

今日のピアノで、和音の第Ⅱ展開形を習った。
第Ⅱ展開形とは、例えばハ長調のⅠ度ドミソをソドミと弾くことを言う。
ルナちゃんはかなり混乱している様子。

やっと第Ⅰ展開形が分かってきたところなのに、また新しいことを習って、無理
もない。

私が子供の時、展開形という言葉を習った記憶が全くない。ただ忘れているだけ
かもしれないけど・・・。ソドミという和音は知っているけど、それがドミソの
第Ⅱ展開形とは知らなかった。
なので、私も一緒に勉強している感じ。

先生の説明を聞いて、『こういうのを展開形と言うのか』ってすぐ分かったし、
ルナちゃんにも教えてあげられる。

曲の方は、4曲中2曲合格し、来週までにまた新しいのを2曲を見ていく。
この新しい曲を見る時、初見演奏の練習を兼ねて、最初に弾く時は、4小節ずついきなり
両手合わせて弾く。

2回目以降弾く時は、片手ずづしっかり練習するが。


今週は何か大変だねぇ・・・。
ちょっと頑張ろうか。